銀行のマイカーローン

残価設定型のマイカーローンは、毎月の支払額を抑えて新車に乗れます。一見メリットばかりに見える残価設定型のマイカーローンにもデメリットはありますが、そもそもこのサービスが始まったのは、車が売れない現代にどうやって売ろうかと考えたところから生まれたサービスだそうです。

 

また、返済期間が短いので頻繁に新車を買ってほしい、返済額が少ないので高いグレードの車種を買ってほしい、といった販売側の考えもあります。

 

普通に考えれば、頻繁に新車に乗り換えるよりも、同じ車に乗り続ける方が得をするのは確かです。同じマイカーローンでも銀行系よりもディーラーローンの方が変済期間が短い傾向にあるのも、早めの買い替えを促したいという事情があります。

 

本当に金利を抑えてマイカーローンを組みたいのであれば、銀行系のマイカーローンを探して組むのがよいでしょう。残価設定型のマイカーローンも通常のディーラーローンも、貸付けは信販会社が行っています。信販会社のマイカーローンの金利は高めなので、知らない間に高金利なマイカーローンを組まされている可能性があります。

 

一方、銀行系のマイカーローンは金利が低い傾向にあり、信販会社のマイカーローンの半分程度の低金利でマイカーローンが組めます。長期間新車に乗るけれどお得にローンを組みたい人、または中古車でおすすめマイカーローンを利用したい方は検討してみてもよいでしょう。