残価設定型のデメリット

残価設定型のマイカーローンは、頻繁に新車に乗り換えたい人や頭金がない人、グレードの高い車種に乗りたい人に向いているマイカーローンです。しかしデメリットもあるので、それらを統合して考えて、利用するかどうかを決めるべきです。

 

残価設定型のマイカーローンは、利用できる車種とできない車種があります。希望の車やグレードで残価設定型のマイカーローンが組めない場合があるので注意しましょう。

 

また、残価設定型のマイカーローンで払っている利息は、残価分に対しても発生しています。これを踏まえても、毎月の支払額が抑えられている点には違いがないですが、もしもローン終了時にも乗り続けたいと選択した時は、残価に対して再度ローンを組みます。まるで残価分に対しては2重にローンを支払っているようなものなので、利息も高くついてしまいます。

 

長距離走ると査定額が下がり、追加料金を請求されます。特に残価設定型のマイカーローンでは査定が度々心配されます。距離もそうですが、車体に傷やへこみなどがあると、やはり査定額が下がります。最もこの点については、通常のマイカーローンでも同じともいえます。現在載っている車に傷がつけば、査定額が変わるのは同じです。

 

残価設定型でも通常のマイカーローンでも、ほとんどはディーラーや販売店から買う場合に利用が限られています。有人や知人、またはオークションなどで個人から買う場合のローンにはマイカーローンは利用できない点にに中です。基本的に個人間の車購入用のローンとしては使えないのです。