残価設定型のマイカーローンとは

マイカーローンを組んで車を買いたいが毎月の支払いは抑えたい、そのような人に向いているのが残価設定型のマイカーローンです。3~5年後の新車の価値を差し引いた金額のローンを支払います。

 

支払後は今の車を下取りに出して清算ができ、そのまま新しい車に乗り換えてもいいですし、希望であればそのまま今の車に乗り続けるのも可能です。その時には、残価分を再度ローンで支払います。

 

 

毎月の支払額を抑えつつ、頻繁に新車に乗り換えやすいので、最近人気のマイカーローンの方法です。ただし、ローンの金利については残価分に対してもかかってくるので、乗り続けるのであれば利息は割高になるなどの注意点もあります。

 

残価設定型のマイカーローンか通常のマイカーローン、どちらが正解かはその人の傾向によって変わります。残価設定プランをお勧めできる傾向をまとめたので、マイカーローンの選び方の参考になります。

 

3年~5年で車を買い替えたい人

残価設定型のマイカーローンは3年から5年と、返済期間は短めに設定されています。これは、頻繁に車を買い替えて欲しいという販売店の都合も関係しています。頻繁に新車に乗り換えたいのであれば、この期間で返済が終わる点も、その間のローン支払額も少ない点も、大きなメリットとなります。

 

3年、または5年毎に乗り換える前提であれば、残価分を支払う必要はないので、無駄な利息を払わずに済みます。

 

長距離は運転しない人

残価設定型マイカーローンの残価は、傷や走行距離によって下がる可能性があります。長距離の運転を行う前提であれば、最初に設定した残価との下取り価格の差額分の支払いを要求されてしまいます。

 

残価設定型のマイカーローンでは走行距離と査定についての説明もあります。査定に影響が出るほど運転しない人は残価設定型のマイカーローンに向いているといえます。また、走行距離がギリギリ超えない程度であれば、無駄が無く理想的ともいえます。

 

マイカーローンの頭金がない人

マイカーローンでは頭金を支払う人が多いですが、頭金がないとマイカーローンが組めない訳ではありません。ただし、頭金を入れないでマイカーローンを組めば、毎月の返済の負担は大きくなってしまいます。

 

残価設定型のマイカーローンならば、頭金がなくても毎月の返済額を大幅に抑えられます。頭金がほとんどなくて、それでも返済の負担が軽い方がいいという人にとって、残価設定型のマイカーローンは便利です。

 

ただし最近では人気のおすすめマイカーローンも頭金は不要としているところが増えているので、頭金の有無だけで残価設定型を選ぶ時代ではなくなってきています。

 

上のグレードの車に乗りたい人

せっかく新車で買うのだからと、グレードの高い車を求めている人もいます。そういう人にこそ、残価設定型のマイカーローンは有利といえます。当たり前の話ですが、車のグレードを上げれば毎月の支払額も増えてしまいます。

 

しかし、残価設定型のマイカーローンを選択すれば、毎月の支払額はそのままに、車のグレードを上げるのも可能です。

 

残価設定型マイカーローンにはデメリットも

一見いいとこずくめに見える残価設定型マイカーローンですが、デメリットもあるので注意が必要です。残価分までローンを支払った後の行動は自由ですが、そのまま車を売却した場合、手元には何も残りません。元々残価分を差し引いた分しかローンを返済していないからです。

 

そのまま車に乗り続けるとしても利息は高くなりますが、次の新車購入時にも注意が必要です。し残価設定型のマイカーローンで車を乗り換えた場合、下取り価格を新車購入費用に充てられません。頭金を用意できなければ、次のマイカーローンは頭金0で組む可能性もあります。

 

次回も残価設定ローンなどで支払額を抑えないのであれば、買い替え時の車のグレードを下げざるを得ない可能性も出てきます。

 

また、残価設定型のローンは基本として新車購入時に限られるので、新車ではなく中古車で借りるマイカーローンでは利用ができない場合が多い点に注意が必要です。